見積もりは数社から|土地を購入して一戸建てを建てるなら地盤調査が大切
積み木

土地を購入して一戸建てを建てるなら地盤調査が大切

見積もりは数社から

部屋

概算からスタート

資金計画は注文住宅を建てる上で重要となります。それを知るための一歩が見積もりです。見積もりはもらうだけでは契約にならないので安心してください。埼玉で注文住宅を建てる時、目安でもらう見積もりは概算見積もりと呼ばれています。希望の間取りや欲しい部屋数を伝えた上で、見積もりを依頼します。せっかく埼玉で注文住宅を建てるのですから、納得した家で無理のない返済をする事が大切です。その為にも最初の見積もりの時点で、希望の条件を全て取り入れておくことが大切です。その設備が必要かどうか、値段がいくらなのかを知らなければなりません。また、良い見積もりを作ってもらうためにも、月々の希望の支払額も合わせて伝えておくと良いです。購入の本気度が伝わり、色んな提案を受けることが出来ます。

無駄を省く

ここでもらった見積もりは自分達の希望の条件を全て入れているので、ほぼ予算オーバーするはずです。ここで重要なのは、何の金額が高くなっているかを見極めることです。一般的に家が高くなる原因は「壁」と言われています。外壁のグレードを落とすことも有効ですし、同様に家の中の仕切りの壁の数を減らす事も有効です。他にもフローリングを無垢材から構造用合板へ変更したり、キッチンやお風呂、トイレなどの水周りの設備のグレードを下げると価格も下がりやすいです。逆に耐熱や気密、土台や柱などは長く住むためにも高品質のものを選びたいものです。ちなみに大手のハウスメーカーや埼玉の工務店など、会社によって耐熱材や土台の金額も変わってきます。それを知るためにも、注文住宅の見積もりは埼玉にある数社からもらうべきです。