インテリア

土地を購入して一戸建てを建てるなら地盤調査が大切

見積もりは数社から

部屋

数多くの住宅が建つ埼玉で注文住宅を建てるのであれば、まずは見積もりをしてもらうのが得策です。見積もりをすることによって、希望する条件でどれほどの金額になるかを把握することができます。そのため、依頼する際には、希望する内容を伝えておきましょう。また、会社によっても内容が異なるため、複数の会社へ依頼しましょう。

View Detail

北欧のスタイルで

住宅

女性から北欧のインテリアなどが人気ですが、住宅もスウェーデンハウスなどの北欧住宅というスタイルが人気を集めています。ツーバイフォー住宅で、気密性が高いのが特徴です。素材は木材などが中心となっています。

View Detail

水回りが使いやすい家

室内

滋賀の注文住宅は、水回りの使い良さが好評で、耐久性・耐震性に優れ、長く住み続けられる住宅となっています。家具やカーテンなどの内装に関しては、色や仕様のバランスをプロがアドバイスしてくれるので、自分の好みに合った空間の演出が可能です。

View Detail

地盤の強さが大切

一軒家

成り立ちや特徴

中野区で家づくりを始める前に、中野区で自分が家を建てようとしている土地の成り立ちや、特徴を知っておきたいものです。特徴を知れば地盤の良しあしを知る手掛かりになります。山地や丘陵地、台地は古い地質のため比較的に安定した地盤が多いといわれています。一方新しい地層の低地は、軟弱かつ不安定な地盤が多いとされています。川や池の近くや坂道の下、水に関する地名が付いた中野区の土地は、低地のことが多くなっているため地盤の調査を検討しなければなりません。もともと高台で硬い地質を持っている中野区の地域でも、宅地の造成などで人工的に地盤を改変したために、軟弱地盤になってしまった土地もあります。たとえば元の地盤を切り取った切り土と元の地盤に土を盛り上げた盛り土が混在している土地などは、注意が必要になってきます。

地盤を改良

木造住宅などの軽量で小規模な建物であっても、基礎を設計する場合は地盤の状態が大きく影響してきます。できれば地盤調査は行っておきたいものです。その時に調査会社に依頼するときもありますが、家を作る依頼先が決まっているときは、そこの設計者や工務店に相談することも一つの方法です。調査を行った結果、地盤が軟弱であると判断されれば地震の時に大きな被害を受ける可能性が出てきます。特に木造住宅は地盤の揺れに共鳴して、さらに大きく揺れてしまう共振現象を起こす恐れが出てきます。軟弱地盤を改良するために、地盤改良を施す中野区の人たちも多くなっています。土地の地表をセメントで固める表層改良、基礎の梁の下に太い柱上の杭を作る柱状改良、鋼管杭うちなどが行われています。